岡山の家庭医の読書・勉強ブログ

岡山の家庭医のブログです。家庭医療、哲学、ビジネス、いろいろ。

Twitterのツイートを一瞬で自分のEvernoteにメモる方法(IFTTT活用)

学術的な情報を集めるのにも便利なTwitter

 

このツイート、勉強になる!

このツイート、メモっておきたい!

 

と思った時、ツイートの内容を長押しでコピーしてクリップボードに貼り付けて、自分のメモアプリのノートに貼り付け・・・みたいな感じでやっていませんか?

少なくとも、私はつい最近まで上記の方法でやっていました。

 

 

「ワンタッチで一瞬でできたらいいなぁ・・・」と思っていたところ

 

 

ありました、そんなサービス。

 

Webサービス同士を連携できるサービス「IFTTT」です。

 

 

知っている人は知っているし有名すぎるサービスなので、若干時代の波に乗り遅れている私・・・。

以前から名前は知っていたもののスルーしていたのですが、先日のあるオンライン勉強会(第2回福岡GIMカンファレンスでの済生会福岡総合病院総合診療部 香川聡志先生の講演)でこのIFTTTが紹介されていて、使い方を調べてみることにしました。

 

IFTTT全般の使い方は、下記のページがよくまとまっていて、わかりやすかったです。

www.atmarkit.co.jp

 

 


Twitterで「いいね」したら、そのツイートをEvernoteのノートに転記する」レシピを登録する

①上記のページに沿ってアカウントを作成できたら、下記のページにアクセスしてみてください。

ifttt.com

 

 

②下記のページが表示されますので、「Connect」をクリックすると「Connected」になるかと思います(TwitterEvernoteがIFTTTに連携できていない初回には、ログインを求められますので、ログインしてください)。 

f:id:yktyy:20200521111318p:plain

 

 

③右上の「Settings」をクリックすると、下図のようなものが表示されると思います。自分の好きなよう形で保存できるように設定できます。

f:id:yktyy:20200521111447p:plain

Title」はEvernoteのノート名です。

Notebook」はEvernoteのノートブック名です。

Body」が実際にノートに追記されていく内容になります。

Tags」はノートに付与されるタグ名です。

 

ですので、上記のデフォルト設定であるツイートをいいねしたら、自分のEvernoteに「IFTTT Twitter」というノートブックができて、「Favorite tweeet by @自分のアカウント名」のノートができ、そこにいいねしたツイートがどんどんと追記されていきます。

 

 

 

ただ、このデフォルトの状態だとやや使いづらい&読みづらいので、私は下記のように設定しています。

「Body」の部分に「Text(実際のツイートの文章)」と「CreatedAt(ツイートされた日時)」、「LinkToTweet(ツイートへのリンク)」を入れています。

これらを追加するには、「Body」の枠の右下にある「Add ingredient」をクリックして、「Text」「CreatedAt」「LinkToTweet」を選択して、好きなところに挿入してください。「<br>」は改行してくれるコマンドなので、改行したいところにいれてください。

f:id:yktyy:20200521111939p:plain

 

 

 

この設定にしてみた結果、追記されていったものが下図の状態になります(保存したツイート内容については気にしないでください笑)

f:id:yktyy:20200521112309p:plain

 

 


 

これで設定は完了です。

あとはTwitterで気になったツイートがあれば、「いいね」を押すとどんどんノートに追記されていきます。

設定で「Title」の名前を変更すれば、新しいノートに追記してくれるようになるので、ツイートがたまり過ぎたら変更してみてもよいかもしれません。

 

とりあえずきになったツイートがあったら「いいね」しておいて、後でそのツイートを検索したいなとおもったら、Evernoteで検索すれば引っ掛けることができます。

 

割と便利なのでおすすめです!