岡山の家庭医の読書・勉強ブログ

岡山の家庭医のブログです。総合診療や家庭医療、哲学、ビジネス、いろいろ。

【読書記録】自分の興味を限定して自惚れていないか。(荒木飛呂彦「荒木飛呂彦の漫画術」)

読書記録。

今回は、「ジョジョの奇妙な冒険」の著者である荒木飛呂彦先生ご自身が書かれた、「荒木飛呂彦の漫画術」です。

 

ぼく自身が漫画を描いているわけでもなく、描こうと思っているわけでもなく、荒木先生がどんな思考や技術を駆使して漫画を描いているのか、単純に興味があったのです。

 

読んだことのある方はわかると思いますが、「ジョジョ」を読んでいると、「なにそのセリフ!」とか、「なにこのポーズ!?」とか、その世界観とか、どこからこんなアイデアが生まれるんだろうとか、どんどん引き込まれていくんですよね。

 

具体的な漫画の描き方、特に設定をどこまで突き詰めていけるのか、そのリサーチや下調べ、テーマや世界観の作りこみ、そしてそれらの表現方法など、惜しげもなく公開されています。

 

 

そして本の終盤、荒木先生がアイデアが生まれることに関して述べた一節が、個人的には特に考えさせられました。

 

まさに「ズキュウウウン」ときました(無理やりジョジョ要素を入れてみる)

 

 

アイディアが尽きるというより、自分の興味が尽きるからアイディアがなくなるのだと思います。よいアイディアは、自分の人生や生活に密着しているのですから、興味がなくなってしまえば生まれなくなるのです。

逆に、常に何かに興味を持つことができて、周囲の出来事に素直に反応できるアンテナを持ち続けられるのであれば、「アイディアが尽きる」ということはないはずです。

(中略)

「自分が興味があるのはこれだ」と限定して、そこから外れたものを無視するという"自惚れ”は絶対にNGです。

※本文229ページより引用

 

さすが荒木先生!(中略) そこにシビれる!あこがれるゥ!(またしても無理やりジョジョ要素をいれこむ)

 

これは非常に示唆深いと感じました。漫画術の本ではあるのですが、荒木先生の生き方をそのものが書かれた一節なのではないでしょうか。

 

「アイデアがないんだ」という表明は、自分自身の興味の対象の狭さ、ひいては生きている世界の狭さを表明していることと同じであると言えるでしょう。

 

一方でこれは、なにかに没頭すること、それそのものの否定ではないと思うのです。ひとつのことに没頭して取り組んでいる時、そのものに何かしらの関係があるのではないかと、その他の事物・事象を関連付けられるような思考や視点をもつ人も、多くいらっしゃると思います。

 

そしてこの一節を読んでいて、「自分は〇〇なので、✕✕には興味がない」といった表現でによって、自分の興味の対象の狭さを、どこか自分のアイデンティティのように表現してしまっていないだろうかと、ふと思いました。

 

「〇〇だから、✕✕はやらないんだよね」とか、「■■だから、△△は知らないんだよね」と、開き直った態度をとることで、自分がどういう存在なのか表現する手法が見受けられることもあります。

 

これって一見、思い切った態度に見えなくもないですが、どこかつまらなさも感じてしまいます。自ら、世界を狭めていってしまう姿勢では、どこかで創造性を欠いてしまって、どこかでつまらない人生になっていってしまいそうです。

 

省みて私自身はどうかというと、どこかそんな姿勢で生活してしまっているような気がするのです。総合診療医のひとりとしてみてみたら、医療全般における興味の対象は広いですが、では「ひとりの人間」として生きるなかで、興味の対象はどうだろうかと。触れたことのないものに対して、勝手に苦手意識をもっていたり、知らないフリをしているだけなのではないだろうかと。

 

勝手に自分をラベリングして、生きる世界を限定的にすることで、自分が何者であるかを安易に定義づけて、自惚れてしまっていないか

 

そんなことを考えさせられた、一節でした。

 

(全然、漫画術と関係ないことを書いてしまった・・・)

 

 

【読書記録】知識は「ある」のであって「持つ」ことはできない(岸見一郎「ゆっくり学ぶ」)

読書記録です。

今回は、「嫌われる勇気」といったアドラー心理学の書籍を世に多く送り出している、岸見一郎先生の「ゆっくり学ぶ 人生が変わる知の作り方」です。

 

何かの目的のために学ぶのではなく、「学ぶこと」そのものを目的に学ぶことを後押ししてくれる本です。

 

特に「ゆっくり学ぶ」というキーワードで多く語られております。効率化を求めた学びそのものを批判するわけではなく、学ぶことそのものを楽しんでもいいのではないか。ゆっくり時間をかけることで思考が深まり、知識を知恵に変換していくプロセスを楽しみ、結晶化していくことの重要性が強調されています。

 

 

その中で、個人的に気になった一節がこちら。

 

 

本書で問題にしている知識は「ある」のであって、それを「持つ」ことはできません。

知識を持てると考えている人は、講義を聴いている時にノートに教師の話すことをすべて書き取ろうとします。しかし、知識は持てないので、もしも教師の言葉を書き留めたノートをなくしてしまうと、講義の内容を何も思い出せなくなります。

 

(中略)

 

知識はもののように持てないので、それを「持つ」ために書いておいても思い出せないことがあります。反対に、書かなくても思い出せることがあります。

※本文p155〜157より引用

 

知識は「ある」のであって、「持つ」ことはできない。

 

わたしも例にもれず、メモを意識的にとる機会が多いのですが、誰かが話している内容を一生懸命聴いて、一言一句逃さずメモを取ろうとすると、逆説的に「聴けていない」ことがあるんですよね。

 

なんというか、その情報を知識として自分のものにするためのメモのはずが、保存すること、所持することが目的になってしまって、結局頭には何も残っていないという状況に陥ってしまっているという。

 

この本に明記されているわけではないのですが、私の解釈としては、

 

一見、記録を取ることで知識を「持つ」(所持)ことができるのではないかと考えられそうですが、そもそも知識は自らが理解し、自分のものにできている(所有)ときに、はじめて知識といえる。そういう意味で、岸見先生は、「知識は『持つ』ことができない」とおっしゃっているのでしょう。

 

かといって、記録をとることを岸見先生は否定しているわけではなく、記録をとるだけで満足していないか、「持つ」(所持)ことで自分のものになった(所有)と勘違いしていないか、そう問いかけているのだと思います。

 

情報を情報のままにするのではなく、知識として自分のなかに「ある」状態(所有)にする。こうして読書記録をつけていくことも、その方法のひとつなのだと思います。

 

情報をたくさん持つことで物知りになった気になるのではなく、時には時間をかけながらゆっくり学ぶことで、自分のなかに「ある」知識が増えていけるように、そしてそれを知恵に昇華していけるようにしたいですね。

息抜きしながら生き抜く

この2ヶ月(特に今月)、色々と大変でございました。

 

自分が選んだ道が、いつの間にかだんだんと、自分のやりたくたいものになってしまいそうだったけれど、ちょっとした自分の認知の仕方を切り替えるだけで、やっぱり楽しいと思えて、頑張ろうって思えるようになりました。

 

打ちひしがれることも多く、成長していないと勝手に感じてしまっていた2ヶ月でしたが、振り返ってみると、思った以上に成長してました(、と信じたい)。

 

こうやって気がつけたのは、やっぱり誰かと話をする、対話できる環境だからなんだろうなと思います。

 

といいながらも、現状が大きく変わった訳でもないので、引き続き潰れてしまわないように注意は必要です。

 

息抜きしながら生き抜く。いい意味で、いい加減をみつける。そして鈍感力、レジリエンス

 

経験値だけはバシバシたまってきているので、ちゃんと振り返りを通じて、自分のレベルアップに繋げていきたいです。

結局、「好き」が一番長続きする(バンド「ポルノグラフィティ」への偏愛)

そうか・・・。

ポルノグラフィティのファンクラブ(loveup!)に入って、はや17年目か・・・。

 

 

非常に飽きっぽい性格の自分が、これほどまでに長くひとつのことを継続していけるのは、ポルノグラフィティが最初で最後かもしれません。

 

 

2004年にシスターがリリースされ、はじめて聴いた時、その世界観に惹きつけられました。


2005年にネオメロドラマティックがリリースされて、そのカッコよさに憧れ、そこからポルノグラフィティのCDを全部買い漁って、毎日のように聴くようになったのでした。

 

シングル曲はもちろんのこと、カップリング曲の奥深さに酔いしれ、ライブDVDも集め始める始末でした。


そして2006年。ハネウマライダーがリリースされて、横浜スタジアムでライブが開催されると知り、親に懇願し、なんとかそのライブに行きたいからと、その年からファンクラブに入ったのでした。

 

・・・


あれから17年。今でも一番好きなバンドはポルノグラフィティです。17年もファンをやっていると、人前で好きなバンド名を答えるときにも恥ずかしくなくなりました。


正真正銘、年々進化を遂げているバンドです。

特に、2016年にTHE DAYがリリースされてから、NEXT STAGEのポルノグラフィティに進化していると感じます。

 

まだまだこれからも進化して、素晴らしい音楽を届けてくれることでしょう。

 


※ちなみにぼくの特技のひとつは、イントロを数秒きけば、ポルノグラフィティ全曲、曲名を当てられることです。

 

※たぶんこれはポルノファンあるあるですが、「一番好きな曲は何ですか?」ときかれると、ベストワンが100曲くらいあって、いつも困ります。